ビル管理業の仕事内容について

ビル管理業の仕事

ビル管理業とは、ビルという建物を空間としてスムーズに稼働させて物件の価値を高めるという仕事です。もっと解り易く言えば「ビルをメンテナンスし続ける仕事」と言えば良いでしょうか。例えばビジネスビルの場合は電力設備や空調設備、給排水や機械、ボイラーといった設備が稼働している場所です。ビル管理業ではこういった装置や設備を管理して守る仕事をしています。電力設備管理は高圧電流を照明や部屋のコンセント、エレベーターなどに変動する捜査を行っていたり、装置を監視して異常がないかチェックしています。ポンプや排水処理に関する管理、主に保守点検を行っていますし、空調設備においては室内の温度や湿度、換気を監視して快適な空間を保つことができるよう努めています。

ビル管理業はこういった装置や設備の管理だけじゃなく、節約やエコ、省エネ対策といった設計やビルの修繕立案などにも携わっています。ただ管理するだけではなく、ビルをよりよく保っていく為の活動、より環境と融合したビルにしていけるのかという環境保全を目的とした活動も行っています。

ビル管理業に関する仕事は知識や経験がものを言う仕事です。住み慣れた家のことは住み慣れた家の人しか知らないというように、ビルについてはそのビル管理に携わった人にしか知り得ないトラブルや設備、習慣があります。 当サイトではビル管理業についてもう少し詳しい仕事内容を紹介します。またビル管理業で働くにはどうすれば良いのかも合わせてご覧ください。

※特選外部リンク
複数のビル管理業者に管理費の見積もりが出せる便利なサイトです > > > ビル管理業者

Copyright © 2014 ビル管理業の仕事内容について All Rights Reserved.